ギフト±プラスマイナスを読んだ感想ネタバレ 無料で読める

つづきはコチラ(まんが王国)から読めます

 

\ 今なら1冊まるごと無料で試し読み /  まんが王国サイト内「ギフト」で検索

 

 

ナガテユカ先生原作の「ギフト±(プラスマイナス)」を読んでみました

 

 


無料で読めるキャンペーン中(期間限定なので、終了の際はご容赦を)

 

 

感想

 

存在しない方が世の為と思われるくらいクズな人間たちを、

 

世間の人達の役に立たせるために生きたまま「解体」し、

 

臓器を移植してしまうというグロくもある勧善懲悪マンガ。

 

悪い奴らをシメるところはスカッとするんですが、

 

どうやら臓器の鮮度の為、生きたまま臓器を摘出ってところがグロイです。

 

生きた人間の臓器の摘出を、溶接する時の格好で、

 

マグロでも捌くように無表情でやるJK環はかっこ良いです。

 

【あらすじ】

 

昼間は女子校生の鈴原 環は、

 

クラスでも目立たず、友達もいないような女子高生。

 

今時LINEも使ったことが無い。

 

 

 

しかし彼女は命の事となると途端に積極的になる。

 

ある日校舎から飛び降りようとしている女子生徒を間一髪で救出。

 

救出と言っても下にある木の上に落としただけだが…。

 

それで命は助かったのだ。

 

 

 

その時の状況を非常に冷静に先生に説明する環。

 

 


無料で読めるキャンペーン中(期間限定なので、終了の際はご容赦を)

 

 

 

夜の環

 

そして夜はタカシと一緒に臓器売買の仕事をこなす解体人。

 

 

解体するのは俗に社会のクズと言われるような誰もが死んで欲しいと思うような人間。

 

 

 

そんな人間を拉致し、生きたまま解体することで鮮度のいい臓器を裏ルートで売買しているのです。

 

「命は大切に…」

 

「命は大事に使わないとね…」

 

「これも人助けだよ…」

 

「命をありがとう」

 

 

が口癖の環。

 

 

 

---------------------------------------------------------------

 

 

 

組織内では臓器を提供する人間を「クジラ」と呼び、

 

海のクジラと同じく、

 

解体したら全てを使い切る事をモットーとしていた。

 

 

クジラ捕獲

 

ある晩、刑務所から出所したばかりの殺人犯が、ラブホテルで女を殺そうとしている

 

出所した途端、猫を殺した事で殺人鬼の血が騒いだのだった。

 

 

そのタイミングで鈴原 環がどこからともなく現れ、

 

 

スタンガンで一瞬にして男を気絶させる。

 

仲間を呼び、男を裸のまま

 

臓器摘出のアジトに運び、

 

臓器をもらう側の患者とのマッチングを済ませると

 

配達時間が迫っているからと 、目を覚ました男に構わず

 

手際よく生きたまま臓器摘出。

 

 

 

「命をありがとう」と言いながら

 

 

そして臓器を待つ「林クリニック」にデリバリー

 

この林クリニックは放火殺人で全国指名手配中の「英 琢磨」が経営している。

 

 

 

この英琢磨はそもそも鈴原 環の出生に関係しているのだ

 

 

 

つづきはコチラ(まんが王国)から読めます

 

\ 今なら1冊まるごと無料で試し読み /  まんが王国サイト内「ギフト」で検索

 


無料で読めるキャンペーン中(期間限定なので、終了の際はご容赦を)